競り市でケアレスミスしてしまった

今朝直ちに手紙局へ行ってきました。

それは、競り市で落札された物を発送するためです。

今や落札されてから週間も経つのに、案の定何時として入金されるんだよ、といった落札方のルーズぶりに本当にイライラしていました。

頻繁にデポジット確認しているけど入金されていません。

こういう落札方は、週末を挟んでいたから週間が明けてからの火曜日にデポジットしますと元々言っていました。

それなのに、そのきのうからデポジット確認しても今日もその明日も、一段とその明日もデポジットはありませんでした。

自分が言ったお日様にデポジットが出来なければわびなり遅れますなり連絡してよ、という更にイライラしていました。

身は、振込口座のリンケージの際に、3セールスマンお日様以内に入金してほしいと言うことと、デポジットが完了したら連絡してくださいって絶えず落札方には言っています。

でも連絡が来る前にデポジット確認して送付しますが、なんのリンケージもありません。

そうして、おとついリンケージしました。

もう一度週間が経過しますがいつ入金してくださるのでしょうか?と。

完結返済期日は今週間というリンケージしました。

でもリンケージがありません。

も、夕べリンケージがありました。

返済腹積もりによって短く入金することが出来たので入金していますが入金されていないでしょうか?というやり方でした。

払い出し完了の連絡をしたとしていたけど忘れていましたといった落札方は言います。

身は月々が変わったし、当初のデポジット腹積もりも月々が変わってからだったので今月分しかチェックをしていませんでした。

ゆうちょ一直線だと、指定して証明っていうムードなんですが、今月とか当日のような感じで確認していたので、先月の検証はしていなかったんです。

慌てて確認すると、充分月末に入金されていました。

私の証明手薄で今の今まで送付を待たせてしまい、払い出し期日などと落札方にリンケージまでしてしまいミスをしてしまいました。

この手のケアレスミスはよくしないので物珍しいのですが、急いで送付しなければと思い今朝直ちに発送してきました。

今後は月末のデポジット検証は気を付けなければ…。

ミュゼ盛岡

どんな車でも自分にとっては愛車です

身が乗ってる愛車は軽自動車ですが、ニューモデルから6クラス目の愛車なので、さほど古くさい愛車ではないといった思ってるのです。
ですが、最近あったのが、身が愛車に乗ってエンジンをかけようとカギを回すもエンジンがかからないのです。

ヒュルヒュルヒュル・ ・ ・ってエンジンが掛かりそうな音調講じるものの、いつまでたってもかかる気配がないのです。
これは悪いかも?として一部分愛車を降りて考えたのです。
こういう定型は他の愛車をレスキューに呼ばなければいけない場面なのかも?と思ったのですが、二度と愛車に乗ってカギを回すと、常にエンジンが始動します。

如何なることか?考えたのですが、良さそうな答えが見つからないので、こういう体制は後回しにしたのです。
このことを馴染みに話すって、すぐにバッテリーだといわれ、バッテリーの検証を行いました。

そうなると・ ・ ・バッテリー液がこれから半分あたりまで減っていたのです。
ここまで減っていて厳しく走ったものだと思える音量だ。
ホームセンターでバッテリー液を購入し、大きなボトルが(たぶん1リットルだったかも)総合バッテリーの中に入ったのです。

それ以来、普通にエンジンが鳴るようになりましたが、相当な永年メンテナンスしていなかった事が問題だったようです。
タイヤの収まり見た目は気になって良く見たり、ウォッシャー液が無くなったら直ぐ勘づくのですが、バッテリー液まではほとんど見ていない体制でした。